職場で多様性を活用する方法は次のとおりです。

最終更新日2021年1月22日

多様性は単なる通過傾向や企業の話題ではありません。 それは成功した企業環境のこの重要な要素を無視するものから離れて生産的で収益性の高い企業を設定する主要な要因です。

従業員の多様性に感謝し、祝う企業は、イノベーションがより一般的であり、生産性の向上がより永続的であることがわかります。

企業のリーダーは、職場における多様性のレベルを一貫して評価する必要があります。 これには、人種、民族、性別、背景が含まれます。 職場での多様性を受け入れるためのこれらの努力は、革新、コラボレーション、および創造性が繁栄できる環境を作成します。

以下では、職場で多様性を受け入れ、多くの利点を享受する方法についての詳細を学びます:

目次

多様性に対する経営者と従業員の認識のギャップを認識する

デジタルマーケティング会社祝うプロジェクト

デジタルマーケティングカンパニープロジェクト

一部の企業が満足している理由の一つは、経営陣と従業員が多様性について異なる視点を持っていることを認識していないことです。

経営陣は多様性を積極的に受け入れていると思うかもしれませんが、従業員は別のことを言うことができます。 これが、経営陣が従業員からのフィードバックを求めることが重要な理由です–それはすべての人を同じページに保ちます。

企業として、職場の多様性に関しては、従業員と経営陣の間にあまりにも一般的な断絶を防ぎたいと考えています。 多くの人がそのように見ていないにもかかわらず、それは優先順位でなければなりません。

これは、常に通信を開いたままにすることによって行うことができます。 調査を実施する-必要に応じて匿名にすることができます。 質問をし、あなたのドアが提案およびフィードバックのためにいつも開いていることをそれらに言いなさい。 彼らは問題があなたにとって重要であることを知っていることを確認します。

従業員のエンゲージメントを評価するために数字を超えて見る

異なる背景、人種、民族、性別を表す従業員の一定の割合を持つことは、企業の多様性

会社の運営のあらゆる面で、すべての背景からの従業員の実際の関与と包含を評価する必要があります。 これは、職場で多様性を活用するための本当の鍵です。

従業員の関与は、どの組織の成功にも不可欠です。 非常に従事している従業員は、彼らが行う仕事に個人的かつ感情的に投資されています。 彼らは結果を気にし、それが会社の使命にどのように貢献するかに注意を払う。

すべての従業員を従事させるための1つの方法は、一部の人々を後退させている可能性のあるコミュニケーションの障壁を特定して修正することです。 コミュニケーションのギャップは、人々が自分の仕事に有意義に参加し、フィードバックを理解することを妨げる可能性があります。

コミュニケーションスタイルの文化的な違いを認識し、受け入れることは、従業員が仕事に傾くことを奨励する重要な部分です。

従業員定着文化の確立

企業内の労働者

会社のオフィス内の労働者

同僚や上司が会社を離れるとき、特に従業員の離職率が高いときに気づきます。 これは士気に悪影響を及ぼす可能性があり、従業員が焦点をシフトさせる可能性があります。 彼らは、組織へのコミットメントに焦点を当てるのではなく、他のキャリアの機会を追求する傾向があります。

これは、多様な背景を持つ従業員が会社で自分自身の未来を見ることができない場合に特に当てはまります。 会社のリーダーシップの多様性の欠乏は進歩がそれらに利用できないこといくつかにメッセージを送る。 これはまた、彼らが他の場所を見ているでしょう。

多様な背景を持つ従業員を社内のリーダーシップに推進することについて慎重に検討する。 これは、上向きのモビリティのための機会がたくさんあることを皆に伝えます。

これが起こると、多様な背景を持つ従業員は、ランクを経て上昇した自分の会社内のマネージャーのパターンをモデル化し、潜在的なメンターとして見ます。

従業員の全体的な満足度と生産性を向上させることに加えて、従業員の離職率を減らすことは、会社のボトムラインを助けることができます。 従業員の定着率を向上させることは、企業が管理コストを削減し、対処する人材の問題を減らすことを意味します。

また、従業員と経営陣は、退職した従業員を置き換えるために新しい従業員を募集し、訓練に時間を費やすのではなく、自分のプロジェクトに焦点を

従業員がつながる機会を作る

多様な職場における創造的な可能性を最大限に活用するためには、従業員同士が関わり、交流する機会が必要です。 異なる部門を一緒にすることで、職場の誰もがコラボレーションの利点を経験することができます。

短いチームビルディング活動を会社の会議に組み込むことは、始めるのに良い場所です。 たとえば、すべての人にストーリーを完成させることができます。

従業員が職場全体の多様性を理解するためのもう一つの方法は、同様の背景を持つ従業員のためのアフィニティグループを作成することです。

これは、企業のリーダーがすべての背景の従業員を受け入れるための取り組みを支援していることを示しています。 また、彼らのユニークな能力と視点が職場にとって貴重であることを伝えます。

最後に、それは彼らが彼らの独自性を受け入れることを可能にし、彼らが課題を議論し、文化の違いをナビゲートするための快適な環境を提供します。

職場での多様性を受け入れる上で一番下の行

二人の女性が会社の方針を議論

企業の方針を議論する二人の女性

企業は多様性を育むことによって労働力の可能性を最大限に活用することができます。 多様な背景を持つ従業員を誘致し、維持することは、多様な労働力を構築し、力を与えるための最初のステップにすぎません。

多様な職場を創造し、違いを受け入れることへのコミットメントは、企業の進捗状況を一貫して評価する必要がある進行中のプロジェクトです。

企業のリーダーは、多様な背景を持つ従業員が企業のはしごを登り、会社の業務のあらゆる側面に参加する機会を積極的に創出しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。