情報技術局

目標2:データの活用

データリソースのアクセス、使いやすさ、セキュリティ、利用を強化し、研究と意思決定を進める。

理論的根拠:

データは、将来の学習、研究、意思決定のための重要な要素です。 データは、大学の使命のすべての側面を強化するために、ユーザーの多様なコミュニティに簡単にアクセスする必要があります。 分析、共有、視覚化のためのツールは、すべてのユーザーの経験と成功を強化します。 貴重なリソースとして、データは安全で、検出可能で、適切な可用性を容易にするために保存されなければなりません。

2.1堅牢なデータ管理サイバーインフラストラクチャを提供します。

現在および新興キャンパスのニーズの範囲のためのソフトウェア、十分なストレージと計算能力を提供します。 データライフサイクル全体にわたるデータの保存、キュレーション、保存、取り込み、保護、アクセス、廃棄のためのポリシーを作成します。

2.2データ分析のためのツールを展開します。

異なる大学の学術、研究、ビジネスニーズに対応します。 利害関係者が利用可能なデータから有用な相互接続を認識し、抽出するための適切なトレーニング、コンサルティング、分析ツールを提供します。

2.3データベースの意思決定において認識されたリーダーシップを達成する。

分析におけるベストプラクティスと新しいアプローチを、内部および外部の両方で共有します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。