リーランド-オールズ駅

リーランド-オールズ駅は流域電気の最初の発電所です。 駅の名前は、元連邦電力委員会委員長のリーランド・オールズに因んで名付けられた。
1966年1月にLeland Olds Station1号機が稼働したとき、この発電所は西半球で最大の褐炭ベースの発電所(222メガワット)であった。 1号機に隣接する447メガワットのリーランド・オールズ駅2号機は1975年12月に商業運転を開始した。
リーランドオールズ駅で生産された電力の大部分は、Basin Electricのメンバーシステムへの配送のために、SDのFort ThompsonとWatertown近くの変電所に送られている。
当駅はミズーリ川に沿って、ND州スタントンの南東4マイルに位置している。 リーランド-オールズ駅はノースダコタ州で唯一、”vスロット”石炭搬出システムを使用している発電所である。 このv字型のホッパーとエンクロージャは、一度に六つの鉄道車両を自動的にアンロードします。 60両の列車を降ろすのに約一時間かかります。

役員
社長-マーク-Engwicht
副社長-
秘書-ダスティ-シモンズ
スチュワード-クリス-バウマン
スチュワード-ジェイク-シュミット
アシスタント-スチュワード(操作)-ティム-トラナ
アシスタントスチュワード(石炭&ヤード)-ケイティ-ウィルソン
E-Board
マット-フリンク
ライリー-ビュークラー
ケルシー-フレッド
交渉委員会
ジェイク-シュミット
ケイティ-ウィルソン
12時間シフト委員会
ドニー-ハンソン
キム-キルバー
ジェイミー-ヴァニンワーゲン
年に一度”E”ボードによって任命された:
見習い&トレーニング
ジェイク-シュミット
ライリー-ビュークラー
安全委員会
ライリー-ビュークラー
スコット-ノートン
ジェイク-シュミット
ランディ-ビットナー(Bクルー)
ウィリー-キスト(Eクルー)
ケイティ-ウィルソン(Dクルー)
jake kleinjan(A Crew)
Kendall Hazen(C Crew)
Kelsey Fred(Day)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。